FC2ブログ
線路脇の
朽ちた杭と
紫の野花

別々の思いを抱きながら
そっと寄り添い
列車を見つめる

時代の流れを
追いかけることもなく

歴史から
取り残されることもなく

ただずっと
同じところに佇み
自分に
微笑み続ける

何かをしたつもりはないけれど
誰かの笑顔が
生まれる






人気ブログランキング
2018.04.12 Thu l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonohanabana.blog119.fc2.com/tb.php/496-d1bb90de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)