FC2ブログ
本当のことを知ることは
大切なことだと思う

現代社会の中で
問題点を解決していこうと
たくさんの人が声を上げていることが
それをできる社会になっていることが
私は嬉しい

なのになぜ
私の知らないところで
次々と新しい差別用語ができていってるの

私は気づいていなかった
問題を抱えている人を見て
安心している人がいるなんて

問題を抱えている人を
応援することで
満足している人がいるなんて

そんなことは論外だ
そんなことを議論しないといけないなんて
今は何時代だ!

なぜ正しく理解しようとしないのか
なぜきちんと勉強しようとしないのか
なぜ自分にできることを考えようとしないのか

そこに飛び込んで行ったことはあるのか
みんな同じように
支え合い
笑顔を交わす
でも
みんな同じように
憎しみも持ち
自分と人を比較する

一面だけを見ていないか
一括りにして考えていないか

私もそうだけど
気をつけないといけないことだけど
一人一人を見ないといけないと思う
その人個人がどうかということを
見ないといけないと思う

その上で
好きな人嫌いな人ができるのは
仕方ないと思う
みんな人だから
2016.09.30 Fri l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
好き!
可愛い!
楽しい!

日常でこんな言葉は使えない
大人になってから
多分使ったことない

会話は
丁寧語、尊敬語、謙譲語
自分の身を守るための日本語
2016.09.28 Wed l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
帰り際に
紙切れを渡された

初めてもらったラブレター
どうしたらいいかわからなかったから
忙しいふりをして
慌ててポケットに入れた

誰もいない時に
トイレに入って
そっと紙切れを開いてみた

3行だけの気持ちが書かれてた
明るい声が好き
名前と電話番号が書かれてた

見なかったふりをして
元気でねとだけ言って
手を振った

今元気なのかな
一度も会話したことなかったのにね
もう忘れてるだろうね

かわいい思い出を
ありがとうね
2016.09.26 Mon l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
がん末期の方に
今日の調子はいかがですか
と聞かなければいけない
下を向いたまま
食欲がない
と答えが返ってくる
これを記録に残さなければいけない
仕事だから

病室の窓から空を見上げて
何度も同じことを言っていた
私とは目が合わない
視線は空間をさまよっている
何んとなくだけど
私の想像だろうけど
笑顔が見えた気がした
「茶粥が食べたい。あんた知らんやろ」
「え〜っ、どんな食べ物ですか?」

時が流れて
鹿と一緒に
茶粥を食べてみた
正直美味しいとは思えなかった
子供の頃から食べ続けた味は
他人の私がそういう風に感じても
仕方がないと思う

ただこの食文化が続いて欲しいと思う
伝統は消えないで欲しい
あの方のためにも
私の知らない沢山の人たちのためにも
私にできることはそのくらいしかないから
願うことしかできないから
2016.09.25 Sun l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
尊敬できる人がいることは
幸せだと思う
何かに困ったとき
あの人ならこう動くかな 
と考えながら
自分が自分の力で動く

ただ、
今の私にはその想像力がない
これ以上自分を責めないで
想像するのは
明日にしよう
2016.09.24 Sat l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
お願い
暗記しないで
理解して

忘れた言葉は
辞書を引けばいつでも出てくる

理解していないことは
探しても出てこないから

これから社会へ出て行くみんな
生きることも同じだから
2016.09.22 Thu l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
時とともに
気持ちを現す言葉の数が
減っていく

知らないわけじゃない
忘れたわけじゃない

使い方がわからなくなっていく
一つの言葉で
気持ちを全て現わせるなんてこと
ないんじゃないかと思う
無意識に言葉を選んだ結果
無口になる

ただうなずくだけ
それだけ

多分伝わっていると思う
そう思いたい
2016.09.21 Wed l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
いくつになっても
ときめきを忘れることは
ない たぶん

きゅんと胸を締め付けるような
そんな感覚を
思い出すこともないことはないはずだけど
って あ〜あもう回りくどい

ただ時間の中で
ときめきを封じ込める方法を
身につけていく

笑いに変える方法を知ってくる
大きな声で笑ってないと
笑ってもらえるくらいでないと
現実では生きていけないから
2016.09.19 Mon l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
なぜか
英語の辞書が
好きな子供だった
英語が好きなわけでもなく
得意なわけでもなかった

変な発音の単語を
見つけたかっただけ
私のお気に入りは
「ジャックランタン」
リズムが好きだった

40年前の私は
まさか、日本で
ハロウィンが
普通の年中行事になる時代が
来るとは思っていなかった

不思議な感覚の中
なんか違うよと思いながらも
微妙な違和感を感じながらも
時代の流れに身をまかせる
普通に楽しむ

ただ私には
新しい新鮮な言葉ではなく
懐かしい言葉
2016.09.18 Sun l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
ラジオから流れるアナウンサーの声が
心地いい
綺麗な日本語の音を聴くだけで
眠りの世界に導かれる

ラジオを聴くなんて
中学時代以来
何年ぶりだろう

日本語が
私にとってこんなに綺麗なものだったなんて
忘れかけてた






TBSラジオクラウドで「安住紳一郎の日曜天国」を聴いています。
内容をご存知の方は、ここに綴った言葉を見て
爆笑していただけるかと思います^ ^
2016.09.17 Sat l 言葉 l COM(4) TB(0) l top ▲
今ではめったに見ない風景
毎月、月末になると
大家さんの家のチャイムを押し
「こんにちは」
垣根の間の扉を開けて
封筒に入れた家賃を
手から手へ渡していた

阪神電車の音と揺れで目が覚めた
朝日がきつすぎて目が覚めた
隣の家族の会話が聞こえてきて驚いた
文化住宅の入り口には
石の階段があって
大きな桜の木があって
傾きかけた住宅が
むしろロマンチックだと思っていた

女の子が
私の部屋の前の鉢植えの花を
毎日見に来ていた
休日には
お父さんも来て
私の鉢植えを褒めてくれた

あの日の1年前
私は引越しをしなければならなくなった
あの日何が起こったのか
わからない

あの日から1年後
阪神電車の窓から見えるあの場所は
更地だった

言葉が見つからなかった
今も見つからない

会えるものなら
世間話がしたい
「お姉ちゃん、花が咲いたね」
満面の笑顔が見たい

できることならば
2016.09.16 Fri l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
かすかな幼い頃の記憶を辿る
言葉の羅列で思いを巡らせる

嬉しかった 甘い味
お昼寝した お線香の香り
ドキドキした お祭りの音
信じてた 七夕の風
暖かかった 焚き火の色

苺・木苺・桃・枇杷・西瓜・無花果・柿・蜜柑
蕗・空豆・茗荷・紫蘇・稲穂
甘酒・蒸羊羹・醤油餅・柏餅・御萩
味噌・おしょうゆのみ?

我が家だけのワード
なぜ 祖母にレシピを聞いておかなかったんだ
馬鹿な自分を責める
祖母とはもう会話ができない
2016.09.14 Wed l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
やめて
ことばで身を守るのは
ずるい
ことばを槍にするのは
危険すぎる

やめて
大きな音で伝えないで
耳障りだから
大きな音で雰囲気を作らないで
飲み込まれたくないから
2016.09.13 Tue l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
校舎のベランダで
先生にもらった
ランタナがない
どこを探してもない
ない ない 見つからない

白から淡い黄色に変わる
そんな地味なランタナがない
泣きそうになる
その華麗なランタナは
違うから

あのランタナは
どこから来たのですか
答えはもう返ってこない
空の上だから
泣きたい

どんな言葉が
返ってくるのだろう
未だに道を決められない私
こんな私を笑ってほしい
ただ 泣きたい
2016.09.12 Mon l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
母校の制服が
今も続いている
あんなに文句言ってたのに
それでもただ、続いていることが
嬉しかったりする

いつも先生の教室に
入り浸っていた
先生の授業が楽しかった
問題児だった私
唯一の理解者だった

先生がおられなかったら
今の私は いない
空の向こうに行かれる前にお会いしておけばよかった
ご報告をしたいのに
お礼を言いたいのに

もうお会いすることはできない
そっと撫でてもらうこともできない
先生のお歳に近づいてしまったのに
こんなダメな私
だけど お会いしたい
2016.09.10 Sat l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
嫌いなことば
独特のイメージのある言葉が
嫌い
ことばのフィルターを通して
人を見るから

嫌いな色
強烈なイメージのある色が
嫌い
色でまとまった集団ができて
人が見えなくなるから
2016.09.08 Thu l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
この思いは
決して叶うものではないことは
わかっている

叶うものではない思いだからこそ
私の中で
大切にしておきたい

いつかお別れがくるけれど
そこからまた
私の道が続くようでありたい
2016.09.06 Tue l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
何で
どうして
なぜ
どういうこと

次々湧き上がる疑問
もうやだやだ
めんどくさい
自分が一番嫌い
2016.09.04 Sun l 言葉 l COM(2) TB(0) l top ▲
心を病み
命を絶った人の話は
辛い

どんなに綺麗で明るい曲でも
涙がこぼれそうになる
どんなに偉大な業績を残していようとも
私の中には空白の時間しか流れない

ただ私はそれをしてはいけない。。。と思う






シューマンの森の情景 別れ を聴いています。
本来そういう曲ではないのですが。。。
また、自由に情報が流れる現代社会にも疑問を持っています。。。
あんなことがなければ、あの先生がたが亡くなられることはなかったのに。

私はもう明るい言葉を紡げないのかな。。。
2016.09.02 Fri l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲
辛いことから目を背ける
嫌なことはしない
無意識に記憶を消し去る

「逃げる」ことも生き方の一つ
生きていくために必要なテクニック
2016.09.01 Thu l 言葉 l COM(0) TB(0) l top ▲